前へ
次へ

腰痛予防のサポーターで必要な機能

介護や看護の仕事をしている人は、人の生活の支援をするときがあります。自分よりも体重の重たい人を支えることもあり、普通にその人たちを支えようとするとかなり体に負担が来ます。体の使い方をうまくしておけば負担が少なくなる時もありますが、どうしても腰などに負担が集中して慢性的な腰痛に悩まされている人も結構います。腰痛が起きていても仕事を休むわけにはいかず、痛みと闘いながら仕事を続けている人もいるかもしれません。腰の痛みを軽減してくれたり予防してくれるアイテムとしてサポーターがあります。腰回りに装着することで腰の動きを制限し、姿勢をよくするなどの効果もあります。基本的なサポーターの機能はいかにホールドしてくれるか、そしてずれにくい構造になっているかなども大事なポイントになりそうです。さらに通気性のいい素材を使っているかどうかも問題になるでしょう。特に夏場は蒸れやすくなります。通気性がよくてもしっかりホールドしてくれるタイプがあります。

Page Top