素敵なプロポーズを実現!婚約指輪を購入したい人が把握しておくべき事柄などを解説します

このサイトは素敵なプロポーズを実現するのに役立つ、婚約指輪を購入したい人が把握しておくべき事柄などを解説しています。
これから結婚の申し込みを考えているのなら、押さえておきたい内容です。
エンゲージリングのオリジナリティを高める方法も紹介しています。
2人独自のこだわりを取り入れたい場合におすすめです。
さらにこだわりが強いならおすすめのフルオーダーに関してもご紹介しています。
大切な人へ贈る指輪を選ぶためにきっと役立つでしょう。

素敵なプロポーズを実現!婚約指輪を購入したい人が把握しておくべき事柄などを解説します

プロポーズをするため、婚約指輪を用意しようと思っている人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪は婚約の記念に男性から女性に贈る指輪、必ずしも婚約前から用意しなくてはならないものではありません。
しかしサプライズで渡した場合に喜ばれる可能性も高いです。
近年ではプロポーズ用の指輪を貸し出している店もあり、プロポーズに成功した後に2人で改めて選ぶことが出来るというサービスもあります。
こういった方法ならサプライズでも無駄になりにくいです。

相手に喜んでもらえる婚約指輪の選び方

婚約指輪は、恋愛ドラマのワンシーンのように、サプライズで行うプロポーズの際に用意されるというか、確かにそれはドラマでの演出であって常にそんなにうまくいくわけではないだろうが、どのような選び方をすれば相手に喜んでもらえるのだろうかと思っている人もいるかもしれません。
確かに、サプライズを前提に婚約指輪を考えると、女性に相談するわけにはいかず男性で考えることになります。
ですがそもそもこれは前提でも何でもありません。
女性側も現実的路線を考え、一時の驚きも良いかもしれないがそれよりは自分が本当に気に入った指輪にしたいと思っている人が多いのは事実です。
ロマンスの観点ではちょっと物足りないかもしれませんが、サプライズはこの際脇に置いておいて、どのような婚約指輪が良いか相手に聞き、場合によっては二人でショップを訪れて一緒に選ぶようにすると良いでしょう。
このようにすれば喜んでもらえることは間違いありません。

人気が高い婚約指輪の相場はどれくらい?

結婚を彼女に受け入れてもらうにはプロポーズをする必要があります。
それには婚約指輪を用意したほうが賢明なのです。
一般的に婚約指輪とは高価な代物としれ知られてます。
一般相場価格でも30万円前後するもので、平均給与の一か月分が飛んでいく計算になります。
そうしたものを差し出され求婚されると男性の真剣度が伝わって、思わず求婚を受け入れるようにもなるんです。
さらに人気の高い婚約指輪になるとさらに高額になり50万円以上は当たり前で、上限に再現はありません。
特にブランド物であったり、海外に老舗宝石メゾンのものであると1カラットもダイヤがあれば100万円は下らなくなるんです。
ダイヤモンドのクオリティーが高くなるにつれその価格は比例して高くなっていきます。
しかしながらこれほどの高価なダイヤモンドのエンゲージリングを購入できるのは、富裕層やセレブなどごく限られた人であるのは紛れもない事実です。
普通の人は30万円前後が妥当です。

婚約指輪によく使われる宝石の種類

婚約指に強いあこがれを抱いている女性は非常に多いと言われます。
それは童話やおとぎ話を幼いころから母親に読み聞かせられ、婚約指輪をはめられたプリンセスは必ず幸せになるということが刷り込まれていて、結婚や婚約指輪にあこがれを持つ女性が多いんです。
それゆえ男性は女性の夢をかなえるために、エンゲージリングを必ず用意して求婚することが大事です。
その婚約指輪ですがどのような宝石の物がいいのか、男性は困惑します。
婚約指輪に使われる宝石のトップはダイヤモンドです。
ダイヤモンドは無色透明でどんな服にもあい、好みが偏らないのでおすすめです。
そのほかにもよく使われるルースはサファイアやルビー、エメラルドといった半貴石です。
サファイアのエンゲージリングはイギリス王室でもよく用いられてます。
かのダイアナ妃もサファイアのルースのエンゲージリングを大事に身に着けてました。
今はケイト王妃に引き継がれ、王室で末永く受け継がれてます。

選ばれやすい婚約指輪のデザインは?

愛する人にプロポーズをする際に花束と一緒にサプライズで婚約指輪を贈りたいけども、男性なのでどんな指輪を選んだらいいのか分からないという方は多いようです。
そんな時には人気で選ばれやすいデザインの婚約指輪を選びましょう。
選ばれやすい人気の婚約指輪のデザインは、女性の華奢な指が細く見えるタイプ・美しさや可愛さの中にも飽きがこない指輪です。
大きなダイヤが付いている婚約指輪は高価で、友達に自慢できるかもしれませんが長く着用するとなると少し不向きといえます。
それで、ダイヤや大きすぎず小さすぎないサイズがおすすめです。
もし、女性の好みが全く分からない、自分はセンスがないというのであればサプライズで贈るのではなく彼女と一緒にお店に行って一緒に選ぶというのも方法です。
最近はリーズナブルな価格でも作れるセミオーダーリングも大変人気ですので、世界でたった一つだけの自分たちの指輪を一緒に作るのもいいかもしれません。

著者:大田邦博

筆者プロフィール

香川県高松市生まれ。
長年ジュエリーショップの店員として数多くの婚約指輪を販売。
婚約指輪の魅力を記事にまとめました。
四国 手作り指輪